大塚小・・・朝読11/12

朝読 comments(1) trackbacks(0) 魔女卵

11月12日(火) 大塚小朝読

1-1Α 碧盻卵)

『おしり』
 ふじわらこういち/しゃしん・ぶん

表紙を見たとたん「とら」の声!!
「えっ?」
楽勝でシマウマと分かってしまうと思っていたのに・・・
しまが横向きなのでそう思ったのでしょうか?
シマウマのしまは縦のイメージ。
でもおしりから見るとしまは横向きなんですね。

ゾウやさるは大正解。
一番難しかったのはやぎでしょうか?

最後はぺんぎんの赤ちゃんのおしりがふたつ。
ママのお腹にかくれんぼしているのでした。

131118_1703~0001.jpg

『ほら、ぼくペンギンだよ』
 バレリー・ゴルバチョフ/作・絵
 まえざわあきえ/訳

おとうさんにペンギンの本を読んでもらったカメくん。
ペンギンってたのしそう!
そこでペンギンごっこをすることに・・・

おじいちゃんの背広を着たカメくんの姿を見て
「ペンギンじゃ〜」と感心する声
みんなもすっかりペンギンごっこに引き込まれていました。



-2Α

 

「おはよう。」と教室に入ると、
「え〜!今日もムーミンの日なん?!」とうれしそう。(に見える。)

「ふっふっふ。昨日は授業だったけど、今日は、朝読書だよ。」

 

日直の生徒さんに、
「きをつけ。れい。」
あいさつもしてもらい、はじめました。

 

みんな、みかんすき??

 

『はっぱみかん』 佼成出版 2007

 

風木一人/さく

山口マオ/え

 

鏡餅のてっぺんに飾るみかんのような、
あたまにかっこいいはっぱの付いているみかんくん。

ほかの葉っぱのないみかん達にくらべると、
ぼくはだんぜんかっこいい!!と威張っていると・・・。

まさか、はっぱが!

 

この絵本の絵は、『わにわにのおふろ』などをかかれている、
山口マオさんですが、明後日から長束で個展をされます。

絵本の版画がみれるのかな?

 

次の本は、

 

『ぬ〜くぬく』 農文協 2007

 

飯野和好/さく

山本孝/え

 

あきのよ〜(よく)はれたひに、
干しだいこんと、干しいもが、

ぽかぽかの軒下と縁側で話をしよる(している)、面白い本よ。

とは、言いませんでしたが、

 

大根も芋も広島弁なので、
みんなは「この言葉ききなれとるけ〜わかる!」というような顔で

言葉をよくきいてくれました。

 

大根に、干しいも。
干し柿も、実際に干してある様子はとても迫力がありますよ。

 

紅葉の秋と一緒に、そんな風景も楽しんでみるのもいいかも。

131112_0838~0001.jpg 

  • 0
    • Check
    コメント一覧

    「おしり」の写真絵本見たい!迫力ありそうでいいですね。人間の赤ちゃん(孫)のプリプリのおしりを思い出しました。
    「ぬーくぬく」は私も好きな絵本です。日のあたる縁側が懐かしくなりますね。今にぴったりだと思います。

    • kurokoさん
    • 2013/11/22 2:43 PM
    コメントする

     

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL

    無料ブログ作成サービス JUGEM