あけましておめでとうございます!

絵本の紹介 comments(4) trackbacks(0) 魔女隊長
 
2013年になりました。
ことしも、あたらしいことにチャレンジする年になりそうです。





12月31日



Aシティ交差点(薄くかすむツインタワーズの前あたりです)
8:30頃ですが、こんな雪国になりました。

さて、大晦日じっとしているわけにもいかず、






この絵本の中には、新しい年を迎えるにあたって
十二支の動物たちが、いろいろ準備をするわけです。

わたしは、猿年うまれ。





さるは 料理のかかりです
こんだてにしたがって
とくいのうでをふるいます
まい年 だいかつやく


とくいのうで(?)なかなか出番ないですが・・・
ことしも、手作りお節料理うまくできました(自慢です・笑)








本年もよろしくお願いいたします。


             魔女隊長でした・・・

しめかざり

絵本の紹介 comments(0) trackbacks(0) 魔女隊長
 昨年この絵本をkurokoから借りて衝撃をうけたのでありました。

なぜなら、香川県出身なのですが、
お正月に毎年飾っていたしめかざりが、地域によって違うこと

香川は、この絵本によると




え、えー!  そうなん?

今は確認しようにも母はなくなった。

で、今年は、しめかざりを探しに高松へいった。




地域の産直市へいくと、やはり・・・
こんな形しか売っていない・・・



このあといったスーパーでは、あの絵本どうり
はっきりと、3つのたわらがのっていた。
(ちょっと、写真をとれなかったんだけどね)





あ〜、絵本ておもしろいですね!

今年は、しっかりと確認できました。



その絵本は



ついに買ってしまいました(笑)

しかけカード・・おつきさまとって

絵本の紹介 comments(0) trackbacks(0) 魔女隊長
さて、井口明神児童館・山田児童館でこどもたちに教えたしかけカードの作り方です。



この絵本にでてくる



この場面。





さて、この作り方を 折っているこどもを撮りながら説明していきます。



B4で4枚とれる大きさにしたものです・・・(B6ともいう・笑)



…垢半分に折ります(絵は中面です)



∋海里曚Δわから三角に・・・



N省折ります。




ここで、折り目をしっかりつけたいので、反対側のほうへも折って
折り目をしっかりとつけます。




い劼蕕い董∪泙衞未砲修辰董△覆に折り込みます。




こんなかんじです。





ツ垢い曚Δ諒佞里泙鵑覆を決めます。




Δ修凌臣罎砲爐韻董⇔召呂靴らおります。



こんなかんじです。





これも、さっきと同じで、折り線を何度もしっかりとあっちへおったり
こっちへおったりすると、次の作業がやりやすくなります。




Г修譴召譯瓦弔粒僂鬚気ほどのように
中におりこみます。


すると



できあがりです!!




カードにするために






両面テープではりつけると



しかけカードのできあがり!!






今回撮影に協力してくれた3年女子です。
ありがとう!


さて、みなさんわかりましたでしょうか? 

こびとをさがそう!

絵本の紹介 comments(0) trackbacks(0) 魔女隊長
 2012年9月20日
山田児童館にて、「こびとをさがそう!」イベントをおこないました。

そもそもこどもたちにとても人気の“こびと”    きもかわいい

でも、大人気なのが少しずつわかってきました。




2006年にでたこの本がブームのきっかけです。




本を読んだ後、
こびとのクイズです。

みんなよく知っているんだぁ・・・




そして、このクイズをとくと・・・(しかけが・・・)






その間に






この本を熟読している職員たちが、260個の手作りこびとグッズをかくしています。



さあ、探しにGO!













絵本からこのように展開でき、
遊びに発展する・・・・  今、わたしがめざしているあそびです。

ほんとにおもしろいイベントでした。


詳しい話は、ここで・・・

うみものがたり

絵本の紹介 comments(1) trackbacks(0) 魔女隊長
 ひろしま美術館であった「さとうわきこの原画展」にいった時から衝撃をうけていました。

さとうわきこのねぷたをみたからです。

なんとかやってみたい・・・

そんな衝動にかられました。

いつかねぷた風紙芝居ができないものか?



まあ、いっちょとりあえず真似をしてみます。



ということで、6月に小学生のこどもたちと原案を描いたり・・・
ろうそくをとかして、かいたり・・・

やってみました。





ライトを中にいれてみました。




これは、さとうわきこの『うみのまつり どどんとせ』




この本を参考にしています。
(まあ、こどもたちの独創的なイカなんかをかいていますけど・・・)

いつか真似ではなく、紙芝居をつくるぞ!!

決心をしているところです。

しかし、真似とはいえ、うまくいきました。
(あっ、著作権なんていわないで・・・、ちょっと試しただけですから・・)

2m×1.8m

おひなさまの行事

絵本の紹介 comments(0) trackbacks(0) 魔女隊長



あすは、3月3日、おひなまつりですね。

先日の中国新聞にも、西区己斐児童館での「おひなさま工作」の記事がのっていましたが、
この児童館でもすてきなおひなさまができました。






石粉粘土で、すきな形をつくっています。
髪(すてきですね)や 着物は、グレース粘土です。
     ↓












地域のおじいさんが、竹をきってくださいました。
(かぐやひめのようなイメージで・・・と無理をいう館長でした
 もう、そのとおりな すてきなかぐや姫風おひなさまです)

その中にいれて・・・









この絵本には、
「ひなまつり」
女の子の成長としあわせを祝う行事です。
「桃の節句」ともいわれ、雛人形や桃の花を飾って祝います。

むかしから「桃は邪気(病気などをおこすと考えられる悪い気)をはらう力がある」とかんがえられていました。


各地域の伝統的な雛人形や祝い方ものっています。 



児童館のおはなし会2/20でも
この絵本の紹介や桃のかがく絵本も紹介しました。


お内裏様とお雛様
現代にならって、向かって左にお内裏様を並べていますが・・・

古来の流し雛などをみると
京都風向かって右のほうがお内裏様というのが多いような気がします。

みなさんのお宅では、どっちですか?

とんど

絵本の紹介 comments(0) trackbacks(0) 魔女隊長


2012.1.8(日)
職場の裏の公園で、「とんど」があった。
ものすごく大きな竹で、やぐらがくまれていました。

そして、点火。
爆竹のような大きな音をたててもえていきます。

ここでは、竹カップに入ったお酒やぜんざいが、ふるまわれていましたが
各家庭から持ってきた、お習字やしめ縄かざりが、もやされます。


 



この福音館書店からでている「たくさんのふしぎ傑作集」の中の

『しめかざり』

つくりかた・由来はもちろんのこと
いろいろな地方での違いなど
おどろくべき、もりだくさんの内容でした。




これは、私(魔女隊長)やHAのふるさと 香川県高松市のものです。
うん、うん。
たしかこうだった・・・




これは、この絵本を貸してくれた kurokoの出身  岡山県新見市のもの。




えー、ところによって違うの?
こんなことにすら、びっくり・・・(ただの無知ですか?)




そして、これは



宮島のもの。




そして、この絵本のしめくくりは、
どんどやき。

とんど?
どんど?

これも、地域によって違うのね!!


絵本によって、この年になっていろいろ教えられました。

絵本って、すごいわぁ・・・

ろうそくと・・・

絵本の紹介 comments(0) trackbacks(0) 魔女隊長
 

ろうそくに絵をかく・・・




児童館で、こんな工作をした。



水風船で、外側の卵型容器(ろう)をつくる。


中に別のろうを流し込んで、芯をさす・・・
自分でつくった卵型ろうそくに



今回は、ポスカで、思い思いの絵を描く・・・


すると、



こんなかんじのろうそくが、できあがりました。







ろうそくに絵を描く・・・・
といえば、あのおはなし。




大塚伴南小の5年生で、ブックトークしたこの『赤いろうそくと人魚』

小川未明の童話です。

私は、この たかしたかこが絵を描いたこの絵本を紹介しました。
淡い色彩が、日本の昔のかんじがよくでているとおもわれるからです。
この絵本もお気に入りです。


しかし、ほんとうに心ゆさぶられたのは




酒井駒子が描いたこちらの絵本です。

なにかの雑誌に「中学生の頃、この話を知り、そのころには、コマワリができていた」
と、かいてありました。

本当に衝撃なのです。

1行で、ページをめくったり・・・
時代がよくわからないのですが、そこがまた摩訶不思議さをだしています。

もう、ひきつけられっぱなしです。

あまりに圧巻(人魚の母親のうらめしげな顔なんて、忘れられません)

最後のくらやみが、悲しさを象徴しています。



そうそう、このおはなしの「ろうそくに絵をかく」というところから
この工作をおもいつきました。


もちろん、おはなしでは、和ろうそくに絵をかくのですけどね。


このおはなし ぜひよんでみてください。





おこり・じぞう

絵本の紹介 comments(1) trackbacks(0) 魔女隊長
 先日の「へいわのつどい」の後日のことです。



児童館には

『まちんと』
『おこりじぞう』

の絵本がおいてあります。


ストーリーテリングできいた『おこりじぞう』の絵本をみつけた女子たちが
よみはじめました。


身近に絵本がおいてあるということは
いいことですね・・・



のどがカラカラになったというこも
また絵本を読んで、しっかりと平和について考えてほしいものです。



いつも思う疑問
「わたしたちで、いいのだろうか?」

でも、わたしたちにできること
こどもたちに少しでも、伝えること、考えてもらうことが
できたなら、それでいいんじゃないかと。


こんな場面をみると
まちがっていない。と、確信できる瞬間である。

七夕の日は・・・

絵本の紹介 comments(0) trackbacks(0) 魔女隊長
7月7日(木)
たなばたかざりができました。



行事由来のわかりやすい絵本は

 


この絵本の最後の文では、
中国の「きこうでん」という行事に由来するものらしいです。
7月7日に織女星にあやかって、機織りや裁縫が上達するように願って
お供え物やお祈りすることから、芸の上達を願うように発展していったものだそうです。

日本でも、のちに笹竹に梶の葉に歌を書きつるしたことから
竹に短冊をつるすことに変わっていったようです。


星に願いを・・・
あなたは、短冊にどんな願いをのせますか?





1週間前から、かわいいかざりにお願い事をかいていました。




「ママみたいに料理ができますように・・・」




「かぞくが しあわせで あるように・・・」

いろいろなお願い事もそれぞれにかわいかったですが、
なんだか2年の男の子と女の子にうれしくなりました。




さて、この日のこの児童館では?

しょっぱなに「7月7日は、たなばた? 
いえいえ、たなばたの星まつりのあとには、
年に一度の おばけのお祭りの日!」

と、教えられたのです。



♪ くらい くらい なつのよる
 あ〜つい あつい なつのよる
 お〜ばけばけばけ やってくる

 ひゅー どろん  ひゅー どろん
 おばけばけばけ やってくる・・・・




ありゃりゃ、そのあと七夕の由来のおはなしや七夕のゲームや
星の手話やいろいろなプログラムがあったのに・・・










笹におばけをつけて

♪ ひゅー どろん  ひゅー どろん ♪
♪ おばけばけばけ やってくる


と行進しながら笹飾りを大事そうに持って帰ったのでありました・・・
(めっちゃ、おばけ人気)


そんな中、ちょっとしっかりものの1年の女の子。
迎えに来たお母さんに

「今日のたなばたのおまつりのあとに おばけのおまつりがあるんだって・・・」

お母さん「????」


「あれ?○○ちゃん、おばけの飾りを笹に付けて持ってかえらんの?」

○○ちゃん「だって、今はかわいいけど、夜中にほんもののおばけになったら
      ややこしいでしょ?」

えらいこっちゃ、えらいこっちゃ!
たしかにあのおばけが、おばけのおまつりに参加するために
ほんものになったら、ややこしいわなぁ・・・

えらいこっちゃ、えらいこっちゃ!




みなさん、7月7日は、年に一度の「おばけのおまつり」なのです。


  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM