最後だー!

ミニおはなし会 comments(0) trackbacks(0) 夢見る魔女
 3/14(月)・・・大塚小 20分休憩 ミニおはなし会



いよいよ今年度、最後のミニおはなし会です。

いつものように1年5組の子たちが走ってきてくれました。

みんながそろうまで、この絵本から

『エイラトさんの へんしん のうじょう』
  ロイス・エイライト さく  なかがわもとこ やく  偕成社

 

いろんな かたちといろの どうぶつが いっぱいでてきます。

色彩と形のおもしろさを表現した絵本。 へえ〜と思わず見入ってしまいました。


『ちいさなおうさま』 三浦太郎  偕成社



これまた、色・形 まるで ブロックの世界のよう。

中には写真や布の切り張りのような絵もあり、楽しい絵本です。原画をみてみたい!


最後は、おうさまつながりで、とっても古い絵本です。

『アイウエ王とカキクケ公』 
 武井武雄 原案  三芳てい吉 文と絵  童心社



舞台仕立ての絵本で、なんと見に来てる女性は日本髪を結ってるし、生楽団の演奏つき。

おはなしは、

やさしいアイウエ王のいるゆたかな国を なんとか自分のものにしようと

よくふかのカキクケ公がいるとなりの国が 攻めてきます。

サシスセ僧に タチツテ塔 ナニヌネ野に ハヒフヘ法 

マミムメ猛 ヤイユエ夜  ラリルレ牢 と

最後は ワイウエ王の 誕生で めでたし めでたし。

読み手泣かせのことばの連続ですが、痛快なおはなしでした。




4月からは、このミニおはなし会は なくなります。

そのかわり、1・2年生の朝読の時間に、参加させていただくことになりそうです。
楽しみです。

ちょっとまって・・2/28

ミニおはなし会 comments(1) trackbacks(0) 魔女隊長
2月28日(月)・・大塚小学校 20分休憩でのミニおはなし会





本日は、メンバーは伴南小の5年生へおはなし授業に
いっているために ひとりです。

もちろん、写真をとることができません・・・


予鈴が鳴って、終わりというとき

「ちょっと、まって!
 お願い!  写真とらせて・・・」


ということになったのです。

もっと、たくさんのこどもたちがいましたし、絵本の題名がはいってもいない
こんな写真になっちゃって、ごめんなさい。




ということで、本日は

チャイムと同時にはしってきてくれた5〜6人のときからはじめました。





『まめうしくんとあいうえお』
あ〜、い〜、う〜、え〜、お〜

で終わりましたけど(時間があれば、続きやろうね!)


で、同じ作家 あきやまただしの

『いしぶたくん』

すごい強靭ないしぶたくんのかつやく。

これが、なんだかうけちゃって
「もう1回!」

「いやいや、次のおはなしにいかせて・・・」



『メチャクサ』
のんびりやでくさいヘラジカのメチャクサとオオカミとのやりとりに
思った通り、爆笑。


さて、時間があまったので、
「じゃあ、もういちど、『あいうえお』の途中からやろう?」

「ぜったい、『いしぶたくん』がいい!」

ということで、もう一度 予鈴まで『いしぶたくん』を読んだのでした。



        〜〜本日の担当  魔女隊長でした〜〜 

ミニおはなし会・・・2/24

ミニおはなし会 comments(1) trackbacks(0) 夢見る魔女
 大休憩ミニおはなし会・・・2/21(月) 10:35〜10:55 大休憩 大塚小

 梅も咲き始めました。

  でも、まだ 寒い!


さ、きょうも常連さんが続々と集まってきてくれました。



始めの絵本は・・・

『マニマニのおやすみやさん』 つちだ のぶこ  偕成社



ひるまは いつものんびりと いねむりをしてる ひつじのマニマニさん。

よるになると、おおいそがし。 なぜって?

マニマニさんは なかなか ねむれない子どもたちを ねむらせてあげる
“おやすみやさん”なのです。

おえかきしたり なぞなぞしたり おいかけっこしたり・・・

ほのぼのとしてくる絵本です。

お次は・・・

『それからの おにがしま』 さく 川崎 洋  え 国松 エリカ  岩崎書店



「ももたろう」の続き?

ももたろうに やっつけられた

おにがしまの おにたちは

あれからどうしてたでしょうねェ〜



フムフム そうかあ。 こりゃおもしろい!!

なんと しりとり してるわ〜

ちょっと時間があったのでもう一冊・・・

『くうきのかお』 アーサー・ビナード 構成・文  福音館書店



美術の絵本遊園地  美しい絵 おもしろい絵 こわい絵

ビックリ・ワクワクする絵本です。

ではまた 来週ね!


 


ミニおはなし会・・・2/14

ミニおはなし会 comments(1) trackbacks(0) 魔女卵
 

大休憩 ミニおはなしかい・・・1/31(月) 10351055  大塚小学校

チャイムがなった直後ひとりの男の子が教室をとびだしてやってきてくれました
ひとりでは始められないな〜と思っていると
同じ教室から5、6人の子どもたちが
では始めましょう

先月参加したあきやまただしさんの講演会というより絵本コンサート
の興奮が冷めやらないということで

『まめうしくんのおかあさん』
 
あきやまただし/作・絵   PHP出版  2001
 
まめつぶくらいの小さな子牛110214_1037~0001.jpg
まめうしくんはお母さんが大好き

お母さんのおちちをお腹いっぱいのんで
お母さんの鼻息で飛ばされたり、
しっぽで振り回されたりして遊びます

そして、まめうしくんのベッドは、
お母さんのお耳。
その日あったことを、
ここで全部おはなしします。

「ぼく、ずっとお母さんと遊んでいたいから、
いつまでも小さいままでいられたらいいなあ」

そんな、ずーっと、おまめでいたい
まめうしくんがある日夢を見て・・・?


バレンタインにふさわしいまさに永遠の愛のものがたり



子ども達はまめうしくんが大好きなようで、
読み手のひざにかぶりつくようにして聞いてくれました





つぎは
『ありがとうのきもち』
 柴田愛子/作  長野ヒデ子/絵  ポプラ社  2002


    110214_1043~0001.jpg


お引っ越しをすることになったあーちゃんが、お友達一人一人に書いた
「ありがとうカード」
その一言一言が、とってもいいんです。

でも、一番仲良しの「あき」は、
あーちゃんの書いたカードを受けとらないのです・・


どうなるんだろう・・・
子ども達は本当に真剣な表情で聞いてくれました。



110214_1032~0003.jpg



もう1冊読むのは無理かな〜と思っていると

「大蛇のぶん読んで〜」とAさんが準備していた本を見つけた子にリクエストされ

『にぎりめしのすきなだいじゃ』
 松谷みよ子/文  長野ヒデ子/絵  小学館  2001



             
             にぎりめしのすきなだいじゃ



3月2日の「絵本の勉強会」では、
Aさんが長野ヒデ子さんについて発表されます。
今から準備に大変なご様子でしたが、とっても楽しみにしています

Aさん頑張って下さい



       〜〜〜報告は魔女卵(マジョラン)でした〜〜〜

ミニおはなし会

ミニおはなし会 comments(1) trackbacks(0) とんでる魔女
  大休憩お話会

 2月7日月曜日 10:35〜10:55

 まずこの本から

      

      『いいから いいからぁ戞…甲川義文/作 絵本館

      シリーズ4 は忍者が登場です。

      ある日お父さんが道でないてた忍者をつれて帰ってきました。

      おじいちゃんは「いいから いいから」と、家にひきとります。
      家の中で忍者の修行がはじまりますが・・・・・

      

      
      つぎは

      

      『つくし』 甲斐信枝/さく 福音館書店

      まだまだ寒いけど、雪の下であたたかくなったら土の上に

      でる準備をしているよ♪


         

         つくしがでたら、たくさん摘もうね!


         

ミニおはなし会・・・1/31

ミニおはなし会 comments(1) trackbacks(0) 魔女卵
 

大休憩 ミニおはなしかい・・・1/31(月) 10351055  大塚小学校

 

雪の舞う寒い日が続いています

それでも元気に縄跳びを持って校庭にとび出す子ども達

そんな中、「ムーミンじゃ〜」

「『うんちっち』よんで〜」と笑顔で常連さん?が7人

それは先週読んだので・・・

『3びきのコブタとまぬけなオオカミ』

 ジョナサン・アレン?/さく  久山太市/やく  評論社  1998

 

本を見たとたん

「それ、持っとる!すっごい面白いよ〜〜!」と男の子

「知っていても聞いてね」と始めます。

DSCF6630.JPG 

3びきのコブタの家にオオカミが色々な変装をしてやってきます。





ドアを開け、間抜けな姿のオオカミを見て大笑いの子ども達
DSCF6634.JPG


まさに「すっごい面白いよ〜〜〜」の本でした


子ども達が12人に増えたところで、
お次は

『ソメコとオニ』

 斎藤隆介/作  滝平二郎/絵  岩崎書店  1987

DSCF6637.JPG 

オニといっても恐いどころか、なんとも気の毒なオニなのです

5才の女の子の「遊びたいパワー」はオニにも勝るということでしょうか?

 

読み終えて

「どうしてこの本を選んだと思う?」の問いに

一瞬きょとんとしてから

「もうすぐ豆まきだから」と女の子

『子ども歳時記12か月』

 監修/千葉大学教授 橋本裕之  講談社  2005
DSCF6654.JPG

 

「恵方巻き」「やいかがし」のはなしをして

少し時間が余ったな〜と思いきや

「もう一回『3びきのコブタとまぬけなオオカミ』読んで〜」

と嬉しいアンコールの声

それに応えることは出来ませんでしたが

来週もミニおはなし会するので、忘れずにね

DSCF6658.JPG          



       〜〜〜報告は魔女卵でした〜〜〜    



   

大塚小 ミニおはなし会

ミニおはなし会 comments(1) trackbacks(0) 夢見る魔女
 大塚小 大休憩 ミニおはなし会   1月17日(月)



見学行ってきました。

本は
『うんちっち』作・絵: ステファニー・ブレイク 訳: ふしみみさを 出版社: PHP研究所

『しんせつなともだち』 
作: 方 軼羣 (ふあん いーちゅん) 絵: 村山 知義 訳: 君島 久子 出版社: 福音館書店

『こおりのくにのシロクマおやこ』作: 前川貴行 写真 出版社: ポプラ社

始まりは、元気よく8人ほど(1年生が多かったかな?)の子供たちが集まってくれました。



『うんちっち』、ウサギの子どもはある言葉しかいえません。

もちろん、危険なオオカミがやってきたときも・・・・・。

子どもたちはこのウサギの言葉に大爆笑!

しかも、この言葉、子どもたちの心をがっちりと掴んでしまったのか、この後どんな本を読んでも合言葉のように口ずさみます。大人は困っちゃいますが、なぜか笑顔です。

このあたりで、【1・6】という名の交流がある日と重なり、1年生たちは6年生のお世話(になるの?お世話するの?)に行かなくてはなりません。残念。



『しんせつなともだち』

雪がたくさん積もった日のウサギはえさを探すのですが、
2つのカブのうち、1つはお腹をすかせているかもしれないお友達に届けます。

でも、そのお友達もまたお友達へ。
カブはどんどんいろんなお友達のうちへ届けられます。最後はどうなったかな?

久々の大雪だった週末。きっと、ウサギのように、ご近所で気の利いた差し入れが行きかっていたかな?と想像しますね。

  

ここで、新たに参加の子どもたちに向けて『うんちっち』。

もちろん、反応は前述のとおり。少人数なので、周りを気にすることなく、気持ちよく大笑いです。








『こおりのくにのシロクマおやこ』、写真のきれいな絵本です。

真っ白なシロクマのおやこ、お母さんシロクマはえさも食べずに一生懸命子育てしています。

今日のような日は、いつもよりちょっぴり寒さを有できる絵本です。

   〜報告はHさんでした〜

ミニおはなし会・・12/20

ミニおはなし会 comments(0) trackbacks(0) 魔女隊長
大塚小学校20分休憩のおはなし会

今年最後です。

昨日のAシティクリスマスコンサートは、こどもは少ないけれど、
18日(土)の大塚児童館クリスマス会には、たくさんのこどもたちでした。

この日に集まってくれたこどもたちも
その話でもちきり。



『サンタクロースってほんとうにいるの』

この本からはじまります。



そして、人集めのために(?)

歌を歌ってみます。





本日は、ちょっとしたおみやげ(?)

歌詞カードをくばりました。



まあ、歌うのは、すぐには困難でしょうけど・・・
(私が、歌えないから?)




そして、この時期毎年でてくるこのお話。



『きょうりゅう1ぴきください』








来年も楽しみにしていてね!





※メンバーとの雑談

最近、『サンタクロースってほんとうにいるの?』を読むことが
とても違和感をかんじる。

小学校低学年のころ、ちょっと前までは
うたがっているような、信じているような・・・そんな複雑な気持ちの時に
ぴったりくる絵本なのですが・・・

現在では、保護者の方の努力(?)もあってか
低学年では、みんな信じてる・・・

いまさら、この絵本をよまなくても・・・

そんな複雑なおばちゃんたちの気持ちです。

????のかたは、このすぐれた絵本をみてみてくださいね。
 

ミニおはなし会・・12/13

ミニおはなし会 comments(1) trackbacks(0) 魔女隊長
12月13日(月)10:35〜10:55
大塚小学校の20分休憩のミニおはなしかいです。

この日の△任后





 本日は、元気のよい男の子のグループが一番乗りでした
【4人ぐらい。。。だったかな?】

こんなもんかなぁ...と、思って『お話会始めるね』といったら、
『まだ来るよ』と、止められびっくりしました。

その後、数人やってきたのでお話会を始めたのですが次々と集まり、
見えないのか?
はたまた、聞こえないのか?
みんな大接近。
声を張り上げるものの、気づけば足元にまで接近しているという状態。



にぎやかな声に、初めての大接近&多くの子供たちに余裕はまったくなく、
楽しく読めたのは1冊目半ばまで。

2冊目にいたっては自分でも何がなんだかわからない読み方になってしまいました。
【選本〜読み方に至るまで、大反省です。】

皆さんの代理は難しかったです。すいませんでした。

             〜〜〜 Hさんの報告でした〜〜〜



『まほうのマフラー』 
  あまんきみこ/さく マイケル・グレイニエツ/え

『てぶくろがいっぱい』 
  フローレンス・スロボドキン/文 ルイス・スロボドキン/絵 三原泉/訳




〜隊長〜

もうひとり、いたらその大接近の写真がとれたのにね!
残念です。

しかし、わたしたちは、チームでやっているので
一人だと大変ですよねぇ・・・

ご苦労様でした!

大休憩おはなし会

ミニおはなし会 comments(1) trackbacks(0) とんでる魔女
 
 2010年12月6日 10:35〜10:55

  本を選んで図書室をでる時、今日も呼び込みをしなければと
  考えながら移動すると、ナント!すでに1年生の女子が待っ
  ているのです♪

  さっそく、はじめますよ〜

  「クリスマスツリーの木はなんという木かな?」

  「もみの木よ!」 「よくしってるね」

  1冊目は
          
           『のぼさんのクリスマスツリー』
            文/蔵冨千鶴子
                     絵/いしなべふさこ 女子パウロ会

         のぼさんは公園のそばの小さい家に一人
                ですんでいます。
         公園の植物の手入れをしています。その中
                にはもみの木もありますよ!

         もみの木に飾りつけをしている時、はしご
         から落ちて腰を痛めてしまいました。
         さあ たいへん!のぼさんはだいじょうぶ
         かな?



       つぎは
            
            『あかいはっぱ きいろいはっぱ』
             さく/ロイス・エイライト 
                       やく/阿部日南子 福音館書店

            はっぱのいろがとてもきれいです。
            かえでの種も大きく描かれていて
                     1年生の男子が
            「この種みたことあるよ」
            しっかりみていましたよ。

          また来週ね♪
       
  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM